葬儀の流れ

一般的な仏式の例

ご逝去

親族や親しい友人に連絡をします。
寝台車の手配をします。
病院から死亡診断書を受け取ります。
(時間帯によっては翌日の発行になる場合があります)
自宅で亡くなった場合はかかりつけの医師に発行してもらいます。

ご遺体の搬送

ご遺体の安置
本来ご自宅でのご安置になりますが状況的に無理な場合は弊社で手配致しますのでご安心ください。
ご自宅での安置の場合、お布団の用意をしてください(ベット可)
故人を北枕、または西枕で安置いたします。
ドライアイスでお身体を保全します。お部屋はなるべく温度を低く保ってください。

お打合せ

葬儀の日程、ご葬儀全体の規模や予算・段取りを決めます。

【主な打ち合わせ内容】
1.式場と日取りの日程
2.葬儀の形式と規模や予算
3.通夜ぶるまいや返礼品の数の設定
4.遠方から来られる方の宿泊先などの手配

納棺

大切な儀式ですので、お身内の方はできるだけご同席ください。
生前故人の気に入っていた服などを着せることも出来ます。

お通夜

ご親族は開式の一時間前にご集合していただき供花の順序、席次と焼香の順序の確認をしていただきます。この時に受付の担当の方へのご説明も致します。
近年では、葬儀社のスタッフが行う場合もありますが、受付と会計係は金銭を扱う係ですから、親族や信頼できる知人、友人などが担当します。
受付は参列者が遺族と顔見知りの人だけなら受付を設けなくてもかまいませんが、故人の友人・知人や久しく会っていない親族が弔問に訪れる場合は、受付係が必要です。
※弊社では故人の生前のお姿が偲ばれるメモリアルコーナーを無償でご用意しています。
通夜式が始まる前にお飾りをしますのでご持参ください。
(お別れの時にお柩に入れる品も含め、写真や愛用の衣類、趣味の物、愛読書など)

【大きな流れ】
1.遺族と参列者の着席
2.僧侶の入場
3.読経
4.喪主・遺族・親族の焼香
5.参列者の焼香
6.僧侶の法話
7.喪主の挨拶
8.通夜ぶるまい

通夜が終わった後は喪主は葬儀社と明日に行われる葬儀について打ち合わせをします。
精進落しなどの数はこの時に決める。

葬儀・告別式

葬儀とは本来は死者をあの世へ送るための儀式でしばしば宗教儀礼によって執り行われます。
これに対し告別式とは故人の友人や知人が最期のお別れをする儀式なので本来は別のものですが、昨今では続けて行うことが一般的です。

【大きな流れ】
1.遺族と参列者の着席
2.僧侶の入場
3.開式の言葉
4.読経
5.弔辞と弔電の読み上げ
6.僧侶の読経、焼香
7.喪主・遺族・親族・参列者の焼香
8.僧侶の退場
9.喪主の挨拶
10.閉式の言葉

葬儀・告別式が終わると棺の蓋を開け、故人と最期のお別れの花入れの儀となります。

出棺

ご遺体の足の方を先にして、棺を近親者や親しい男性が数人で霊柩車まで運びます。火葬場が隣接している式場では火葬場までそのまま移動します。
柩の前に、喪主が位牌を持ち、遺族が遺影を持って先導します。

火葬・骨上げ

【火葬】
ご収骨までの時間は、約1時間から1時間半ほどです。

【骨上げ】
二人で一つのお骨を拾い骨壺に納めます。
骨上げが終わると係員が骨壺と一緒に埋葬許可証を外箱に納めてくれます。
この埋葬許可証は納骨の際に必要となります。


お急ぎの方はいつでもお電話ください
24時間365日お迎え可能